Linkage to NEXT

Sankyo-Voice

第52回通信事業部(法人営業部門)

スマートウォッチ

4月24日に徳島マラソンに参加しました。昨年に続き2回目の参加です。
最近じわじわ人気(?)の出てきている、スマートウォッチとスマホを連動させて挑みましたので、使用感を案内したいと思います。

まずはマラソンやトレーニング時に利用しているスマホアプリとスマートウォッチをご紹介します。
スマホアプリのRuntasticで音楽を再生しつつ、1km毎に走行距離・ペースを音声で確認、スマートウォッチ(GalaxyGearS2)で脈拍をはかりつつ、音楽のスキップや音量調整を行います。
イヤホンはその時の気分で有線と片耳bluetoothを使い分け。スマホ本体はポーチの中です。


【アプリ】Runtastic

2014年10月より利用しています。足と自転車で走った全走行履歴を記録させています。
音楽プレイヤーと連動して、音楽をミュートして音声で距離とペースをお知らせしてくれます。精度も問題ありません。
信号待ちなどで停止すると、計測をストップしてくれるオートストップ機能付き。


【スマートウォッチ】GalaxyGearS2

名前からしてGalaxy専用かと思われがちですが、Galaxy以外のスマホでも利用できます。(私はXperiaZ3で利用)
単体で時計としてはもちろん、音楽プレイヤーや歩数計としても利用できますが、スマホと連動させることでより便利に利用することができます。


・Gmail、LINEなどの通知や本文の閲覧
気合いと根性が必要ですが、GearS2の画面にキーボードを表示させて返信も可能です。
・電話着信通知
電話帳登録があれば名前も出ます。
・スマホの音楽プレイヤーコントロール
個人的にはこの機能がMUSTです。走っている最中にポーチからスマホを取り出して操作しなくてよいのが非常に便利。
・端末リモート追跡
スマホとGearS2がbluetoothでつながっているか、GearS2がWi-fiでネットにつながっていれば、GearS2からスマホの着信音を鳴らしてスマホの在処を確認できます。スマホがマナーモードやサイレントモードになっていても呼び出し音が鳴るのが良いです。実は家の中でよく活躍している機能です。

42.195kmを走っている間、音楽プレイヤー操作、メール・LINEの確認などで活躍してくれました。唯一残念だったのが心拍数計測の失敗が多かったことでしょうか。

電池の持ち(満充電で2日弱)を除けば非常に満足度の高い製品だと思います。 初めてのスマートウォッチに是非。

通信事業部 法人営業部門 鎌田 隼人
(2016年5月)

通信事業部の詳しい概要はこちら

その他の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年