Linkage to NEXT

Sankyo-Voice

第113回 通信事業部(法人営業部門)法人営業について

今回、法人営業の業務についてご紹介したいと思います。

スマートフォン(携帯電話)は、ビジネスに欠かせないツールになっています。
主な内容としては、法人ケータイの導入、通信コスト削減、業務効率化(ソリューション)、セキュリティ対策など導入からアフターまで全力サポートしています。
お客様からの顕在ニーズ&潜在ニーズをヒアリングを行い、様々な課題を発見して課題解決に向けて様々なソリューションの提案を行っています。

近年は新型コロナの影響で、働き方も以前と比べて変化してします。
対策としての切り札としては、「リモートワーク」が活用導入されています。
働き方改革などの観点から、今後ますますビジネスシーンに定着することが予測されていて、その良し悪しが仕事の質に直結してくると考えられています。

リモートワーク導入での4つのメリットをご紹介します。

1. 複数相手と双方向のコミュニケーションが可能

電話は基本的には1対1でしか話せませんが、リモートワークでは複数の相手と双方向のコミュニケーションが可能です。
例えば、「チャット」は基本的にテキスト(文字)情報のやり取りになりますが、オンラインで接続された状態で短い文章が頻繁に行き来するので、実際の会話と同じ感覚で意志疎通が図れます。

2. どこでも、誰でも会議に参加

Web会議機能を使うことで、社員がオフィスにいなくても会議が開催できます。外出先や出張中の社員はもちろん、在宅勤務中の社員とも、顔(映像)を見ながらいつもの会議のようにスムーズな意思疎通が実現できます。

3. タスク管理やファイル管理も万全

スムーズなタスク管理には進捗状況の見える化が不可欠です。「ビジネスチャット」はすべてのやり取りが文字で残るため、業務上の見逃しや対応遅れが未然に防げ、業務に関わるファイルは共有でき、管理も比較的容易、「Web会議」には通常、録音・録画機能が付いており、発言内容などが後から確認できます。 

4. 高いセキュリティ基準

「ビジネスチャット」や「Web会議」などのツールは、ビジネス現場で利用されることを前提に開発されています。そのためセキュリティ基準は非常に高く、 これらのツールを使うことで顧客情報や社内情報などを安心・安全にやり取りできます。 

これからもお客様に寄り添って信頼を得ることで、ビジネスパートナーとしてさらなる提案活動を継続していきたいと思います。
話を聞いてみたい・導入してみたいなどご興味がある場合は、是非気軽にお問い合わせ下さい。

通信事業部 法人営業部門 平田 久典
(2021年6月)

通信事業部の詳しい概要はこちら

その他の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年