Linkage to NEXT

Sankyo-Voice

第114回 総務部会社の健康は社員の健康から

三協商事は「社員の健康が一番の財産」と考え、常に社員の健康づくりに取り組んでいます。
定期健康診断受診率は100%、40歳以上の社員には5年毎に「節目健診」と称して会社負担で「人間ドック」を実施しています。
健康診断後には対象社員による保健指導を行っています。

また、毎年1年に1回、徳島大学病院 糖尿病対策センターが実施されている「糖尿病疫学調査」にもご協力させていただいております。
その結果、データの中で糖尿病予備群の社員が3割もいる事も判明しました。

社員の健康づくりのため、社内でも様々な工夫をしています。

社屋内は全面禁煙、社内には血圧計を設置し、自由に血圧を測ることが出来ます。

会員制のフィッネスクラブは社員優待でいつでも利用出来ます。

インフルエンザ予防接種は、産業医の先生に出張接種をしていただき、費用会社一部負担で
受けられます。

現在は新型コロナウイルス感染予防のため中止していますが、朝礼時にラジオ体操も行っています。

これらの取り組みからこの度、協会けんぽ徳島支部に「健康事業所宣言」を申請し、優良健康づくり
事業所認定書(金賞)に認定していただきました。

今年の経営目標である「いい会社をつくろう」を目指し、今後も社員の健康づくりに取り組んでいきたいと思います。

総務部 総務課 増田 美香
(2021年7月)

その他の記事

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年

2012年